2007年07月09日

kill&will

両親を殺す夢を見ました

どうかしてるわ

徹夜+リポD4本とか連日のようにやってたらついに体調崩しました
前期最後のゼミを欠席してしまった。。。本末転等じゃん

正夢が多い人が怖い夢を見るのは、本当に笑えない。
ううー鮮烈に焼きついたんだけど誰か助けてください・・・

書き途中だった日記があったので書き上げてみた

今日はゼミの話をします。

++++++++++++++++++

三田祭論文の代表、略して三田論代表というポストに、オレはついています。
三田祭論文とは三田祭に発表する論文のことです。そのままです。
特徴は、3年生全員で一つの論文を作り上げるということ。
みんなをまとめあげるのが、オレの仕事です。

人をマネジメントする能力の無さを思い知らされて早1年強。
やっぱり人をまとめあげるのは、難しい。
みんなを自分のコマ(言いなり)にしちゃえば話は簡単なんだろうけど、それじゃ組織は加速していかないし、上下関係が無いからそもそもみんなをコマになんてできないというのが現状。チェアパが介入しなくてもディスが進むのがいい班ならば、オレが何もしないでも論文が出来上がっていくのがいい代、ということになるのだろう(まあ無理だけど笑)

うちのゼミの3年生は20人だから、つまり19人班というわけ。笑
そりゃ暴走もいれば地蔵もいるし、優等生もいれば問題児もいる。

++++++++++++++++++

やっぱりやるからには全力でやりたい。それも全員参加、全力投球でやりたい。いつか三田論を振り返るときに、
「あんときあれだけがんばったんだから、なんだってできる」
「あの時は死ねたけど、今思い返せば楽しい時間だった」
そう思えるような三田論活動にしたい。本気でそう思ってる。だから、オレだけがんばってもしょうがないし、厳密に言えば20人中19人ががんばっていたとしてもそれじゃダメだと思ってる。

でも、現時点で本当にがんばってる人は半分もいないんじゃないかというのが、正直なところ。組織のこと考えて協力してくれる人はいっぱいいるし、それはすごい感謝してるんだけど、仕事が雑だったり、レスポンスが悪かったりする人がいるということは、否めない。彼ら(正確には誰がダメ、というよりはこの人のこの部分がダメとかそういうことなんだけど。)とどう向かい合ったら上手くいくのかというのが、今、悩みどころ。

「やってくれるだろう」と信じて、任せてみる。
「やるわけないだろう」と疑って、縛り付ける。

計画的に物事を推し進めたいという私情に合わせて、オレは無意識だけどしばしば後者の手段を選びました。それじゃあ波及効果は生まれても相乗効果は生まれやしないのに。気付かないうちにオレは人を疑って、縛り付けて。組織のことよりもリーダーである自分のことを考えたマネジメントをしてたわけだ。それじゃ誰も付いてこなくなっちゃうよ。

そんなことをこの前の飲み会で気付かされて(直接言われたわけじゃないから向こうは知らないだろうけど)、一人反省してたわけです。よし、もっと人を信じてみよう、そうしたら何か変わるかもしれない。そんな気持ちで3日間、みんなに任せてみた。

やってこねーのな。

++++++++++++++++++

先輩とかに愚痴を聞いてもらってもいいかなって思うんだけど、それが原因でうちの代に不協和音が響くのがすごい怖い。だからって言ってずっと溜め込んでおいたらくたばるのは目に見えてるので、誰に悩みをぶちまけるのかという話になるのだけど、全然関係ない人となると今度は話の前提から入らなくちゃならないし

あー組織ってやっぱ難しいよ
posted by アキトモ at 22:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>よし、もっと人を信じてみよう、そうしたら何か変わるかもしれない。
>そんな気持ちで3日間、みんなに任せてみた。

>やってこねーのな。

あるあるあるある!!!(笑)
組織は難しいよねホント。
Posted by えいこ at 2007年07月11日 14:15
>あー組織ってやっぱ難しいよ

今度語ろうよ笑
Posted by HoDaKa at 2007年07月12日 00:39
>えいこ
うわーん飲みましょうよー
えいこさんの組織論を聞かせてください

>HDK
飲むか。笑
ただおたくの組織とはまた違うんだよなぁ
Posted by アキトモ at 2007年07月13日 16:18
ああデジャブ
Posted by わだ at 2007年07月15日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。